カーコーティング Top (メニュー・料金一覧)

ご予約・お問合せは096-223-5536 » タップで電話

営業時間:9~19時 (※日祝日は17時まで) 、定休日:木曜日と第三水曜日

2017年8月12日14時更新!

カーコーティングの基礎知識(ワックスとの違い、種類、選ぶ基準)

カーコーティング初心者の方のために、ベテランスタッフがカーコーティングについてわかりやすく解説します。

ワックスとコーティングの違い

結論として、カーコーティングはワックスよりも高価ですが、性能が全体的に優れています。その具体的説明をしてまいります。

ワックスがけはデメリットが大きい

昔はワックスが主流でしたが、以下のような致命的なデメリットがあります。

  • 車の塗装を痛める
  • 汚れや水垢の原因になる
  • ガラスウインドウの油膜の原因になる

ワックスは主に"蝋(ロウ)"と"石油系の溶剤"で構成されており、簡単にいえば「油」です。
塗装面にワックスを塗ることで深いツヤを演出することができますが、その被膜は"不安定な半液体の状態"で塗装面に乗っています。そのため雨や洗車で油脂分が簡単に流出し、残った蝋は角質化して汚れ・水垢・油膜の原因となってしまうのです。また、耐熱性が低く蒸発しやすいため、持続期間は"約1ヶ月程度"と短いです。

下地処理 施工前後比較写真

現在はカーコーティングが主流

上記のようなワックスの欠点をカバーしつつ、より優れた性能をもつのがカーコーティング。
現在は、ワックスよりもカーコーティングを選ぶ方の方が多くなっています。

例えばポリマー系のコーティングは、シリコーンやフッ素などを含んだポリマー(高分子重合体)で構成されており、これが塗装面に定着するときに「架橋反応」が起こり「分子と分子が結合した強靭な被膜」を形成します。密度の高い網目状の被膜は、汚染物質(ススや油など)の進入を防いでくれます。
また、ワックスに比べ、耐熱性や耐候性等が圧倒的に高く、効果の持続期間も約3ヶ月から約5年(コーティングの種類による)と長いのが特徴です。

カーケアはワックスからコーティングの時代へ


カーコーティングの種類

カーコーティングには「ポリマーコーティング」と「ガラスコーティング」の2種類があります。

1. ポリマーコーティング

ポリマーは重合体(高分子の有機化合物)のことで「柔らかいツヤ」「施工時間が短い」「比較的安価」などの特徴があります。
しかし、持続期間は1~3ヶ月程度とワックスよりは長いですが、ガラスコーティングに比べるとかなり短く、頻繁な再施工が必要です。
短期間に汚れや微細傷が付いてしまうような環境の方は、短期間のメンテナンスを繰り返すポリマーコーティングが適している場合があります。

ポリマーコーティングの施工事例

2. ガラスコーティング

ガラスの被膜でボディを覆い、保護性能や美観を大幅にアップさせます。硬度の高いガラスは様々なダメージから塗装面を保護してくれ、普段の洗車も容易にしてくれます。また、ガラスならではのツヤ感や輝きは格別です。
施工料金は高いですが、ワックスやポリマーコーティングに比べ、効果持続期間が圧倒的に長いです(最長5年、定期的なメンテナンスが必要)。

ガラスコーティングの施工事例


カーコーティングを選ぶ基準(種類・店)

カーコーティングの選択基準は、人によって異なります。
高額なコーティングは性能的に優れていることが多いですが、必ずしも全ての方にとって最適というわけではありません。
カーコーティングをお選びの際には、ぜひ以下のポイントを参考にしてみてください。

【ポイント1】自分のカーライフスタイルと合っているか?

それぞれのコーティングごとに特長があり、個人の感性・車生活スタイル・塗装の色・ご予算等により最適なものが変わります。
ご自身のカーライフスタイルに合わせてお選びいただくことが、満足度の高さとなるでしょう。

  • お好み(撥水性能のタイプ、ツヤ感)
  • 価格(長いスパンで計算することをおすすめ)
  • ダメージの受けやすさ(車の保管状況、月間走行距離、使用目的 等)
  • 効果の持続期間
  • メンテナンスの容易さ

などを吟味して選びましょう。

【ポイント2】下地処理(研磨)をきちんとしてくれる専門店を選ぶ

下地処理 施工前後比較写真

コーティング前の研磨の質は、仕上がり品質にダイレクトに影響します。コーティング前の研磨だけで微細傷は消え、くすんだボディはピカピカになります。いくら高性能のコーティング剤を選んだとしても、下地処理がきちんとなされていなければその性能を十分引き出すことができません。なので、下地処理をきっちりしてくれる専門店を選びましょう。高品質の研磨には技術や経験が必要で、時間・労力もかかりますので、それなりの料金になるものです。安過ぎる店には注意してください。

エコスタイルの車磨き基準

【ポイント3】相談できる、メンテナンスをしてくれるお店を選ぶ

メンテナンスフリーのカーコーティングは存在しません。そのため長いお付き合いとなる施工店はしっかり選びたいもの。
例えば「近所の建築工事が原因で、クルマのボディにペンキミストが付着」するなど、不意なトラブルに見舞われることもあるかもしれません。
何かあった時に気軽に相談できるお店、メンテナンスメニューが充実しているお店を選ぶことも重要なポイントです。


実際に店舗に足を運び、スタッフに話を聞いてみることをオススメします

悩んだときは、コーティングを施工したい車で施工店に行き、知識や経験が豊富なスタッフに相談するのが一番です。
初めて訪問される方は「敷居が高い」と思われるかもしれませんが、少しの勇気を出して行ってみてください。

良心的な店なら、お車の状態をチェックの上、親身になって相談に乗り、最適なカーコーティングメニューを提案してくれるはずです。
その時に依頼しなかたっとしても、話を聴くことでコーティングの知識を得ることができ、自分で気付かなかったことが見えてくることもあるでしょう。

また、店の雰囲気や施工スペースも視察し、施工済みの車両があれば見せてもらいましょう。愛車にカーコーティングを施工した後のイメージが沸いてくるはずです。

エコスタイルは、コーティングが初めてのお客様も大歓迎です。
カーコーティングに興味がある方は、ぜひ一度、当店にご来店ください(要予約)。


ご予約・お問合せ

ご予約・お問合せは、お電話、メールフォームから承っております。
些細な質問でもお気軽にお問合せください。

エコスタイル 連絡先


» カーコーティング Top

Facebookでのコメントもお待ちしています♪

Return Top