エコスタイル (熊本) - 車のガラスコーティング、車内清掃、カーフィルム

トリムモール(アルミメッキモール)白錆落とし研磨と保護 プロテクションフィルム

欧州車に多いアルミモール白錆の、確実で最強の予防対策

トリムモール(アルミメッキモール)コーティングでは長期間の保護は困難でした。
トリムモール(アルミメッキモール)白錆落とし研磨と保護 プロテクションフィルム
また、当店では2014年よりプロテクションフィルム施工を行って参りましたが、
施工後の耐久性、特に黄変に不満があったため、積極的にお客様への
ご提案は見送ってまいりました。

この度、国内のPPFメーカーのご尽力により、自信を持ってお客様にご提案できる
プロテクションフィルムが2社より発売となりました。

メーカーは、JN-SHIELDユニグローブになります。

当店ではお客様のご要望をヒアリングさせて頂き、適切なメーカーの
プロテクションフィルムをご提案させて頂きます。

データカットに強いユニグローブ

コストがかかっている分、原価が高くなるためPPF施工費用は割高になりますが、
綺麗なカットラインをお好みのお客様にオススメです。
レクサス
BMW
メルセデスベンツ
アウディ
フォルクスワーゲン
ポルシェ
ジャガー
ランドローバー
アルファロメオ
マセラティ
シトロエン
プジョー
ボルボ
キャデラック
クライスラー
ジープ
テスラ

上記メーカーのコンピューターカット済みPPFに対応しています。

施工料金は新車ハンドカット料金の25%割増しとなります。

DIY施工向けトリムモール用PPFの販売

前項の車種メーカーにて、一部の車両を除き、トリムモールの車種別カット済みPPFを販売中です。
DIY施工向けトリムモール用PPFの販売 車種別カット済みPPF
お見積もりは、お見積もりフォームより承っております。

ハンドカットでの施工 JN-SHIELD

フィルムの性能は当店の評価ではありますが最上級にあたります。
データカットをする場合、他社システムを使う必要があるため、

当店では自社で型取りからハンドカットでの施工となります。

少しでも割安にPPF施工をされたいお客様にオススメです。

※ハンドカットのため多少波打ったような切り口になりやすいです。

新車向けトリムモールプロテクションフィルム施工料金(税別)

車格 トリムサイズ 車種 施工料金
小型車

SS

1 Series

¥32,000

小型車

SS

A-Class

¥32,000

小型車

S

Compass

¥35,000

中型車

SS

Golf Variant

¥32,000

中型車

S

B-Class

¥37,000

中型車

M

A3 Sportback

¥40,000

中型車

L

Passat Variant

¥42,000

中型車

LL

2 Series Active Tourer

¥45,000

中型車(ハイクラス)

SS

Z4 Softtop

¥39,000

中型車(ハイクラス)

M

XE

¥42,000

中型車(ハイクラス)

M

A4 Sedan

¥42,000

中型車(ハイクラス)

L

C-Class Stationwagon

¥45,000

中型車(ハイクラス)

L

X3

¥45,000

大型車

S

E-Class Cabriolet

¥47,000

大型車

M

5 Series

¥52,000

大型車

M

E-Class Sedan

¥52,000

大型車

L

Q7

¥55,000

大型車(ハイクラス)

L

A6 Sedan

¥57,000

大型車(ハイクラス)

L

A6 Avant

¥60,000

大型車(ハイクラス)

L

A7 Sportback

¥62,000

大型車(ハイクラス)

LL

Range Rover Sport

¥65,000

最高級車(フラグシップ)

M

7 Series Sedan

¥67,000

最高級車(フラグシップ)

L

S-Class Sedan Long

¥70,000

最高級車(フラグシップ)

L

A8 Sedan

¥67,000

経年社向けトリムモール復元 白錆落とし研磨 施工料金

経年社向け復元 白錆落とし研磨 &トリムモールプロテクションフィルム施工
トリムモールの面積や劣化具合により料金変動いたします。

概算料金は全面で35,000円からとなります。(要現車確認お見積もり)

プロテクションフィルム施工料金は含まれておりません。

※トリムモール復元 白錆落とし研磨の施工中、稀に下地が出てしまう場合がありますが、
弁償や中古・新品交換の対象とはなりません事ご了承くださいませ。

復元研磨の後はキレイを維持できるプロテクションフィルム施工


欧州車のモール部分で多く使用されている素材として、アルミニウムを使用したトリムモールが有名です。

アルミニウムは両性金属で酸にもアルカリにも反応して酸化するため、
アルマイト処理(陽極酸化処理)を施すことで耐久性を得ています。

ここで注目して頂きたいのが、生産国と日本の気候に差があること。

常に綺麗にしておけば耐候性や耐食性に優れているアルマイト加工ですが、

処理技術に差が出たり、欧州は低温低湿、日本は高温多湿のように、
様々な要因によりモールの「輝きを維持し劣化(白錆)を防ぐ」事を困難にしています。

以前からあるプロテクションフィルムなのに、なぜ今トリムモールプロテクションフィルム施工をお勧めするのか?!

それは、黄変する期間が大きく長期化した事で、せっかく復元研磨をしてキレイになったトリムモールを長期間キープできるからなのです。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE